INDEX > Band > Hammer's Corporation

Hammer's Corporation

 Urayasu Machine Headのハマーを中心に高坂、ホイポーがUrayasu Machine Headとは別の音楽をやろうと結成されたのがHammer's Corporation。アコースティックギター3本を基本編成にして3人の好きなオールディーズナンバーを演奏しようというもので、当初からレパートリーは沢山あった。
 ハマーが1997年6月25日からアメリカ放浪の旅に出るので、その前に急遽記念ライブをやることになり、大あわてでライブの準備をする。曲をしぼり込み、アレンジを考え、10日ほどの間に集中的に仕上げた。
 当日は市川のハマーの部屋の荷物を杉原の部屋へ運んでからのライブでハードな一日となった。ライブ後はそのままライブハウスで打ち上げ、ジャムセッションを楽しんだ。PM9:30から非公開で行われたセッションでは次の曲が演奏された記録が残っている。「EK's Country Song(何とDark Side Moonの!途中からブルーズ調になったが)」「In My Life」「Ticket To Ride」「Hotel California」「Let It Be」「Smoke On The Water」「To Be With You」「97622 Blues」。

 ステージ向かって右がハマー、高坂、ホイポー。ハマーは12弦ギターとブルースハープ。高坂とホイポーは6弦のエレアコ。お楽しみバンドなので気負いもなく、馴れないアコーステッィク&ハーモニー主体のバンドを楽しんだ。ハマーが主役で、オールディーズの色々な曲を、そしてボーカルもハマーが大半を務めるつもりで始めたバンドだったが、結果的にBeatlesとRolling Stonesの曲がほとんどになってしまい、Beatlesはホイポー、Stonesはハマーのボーカルと特色が分かれた。
 高坂は当日初めて会う女友達やRATIUGの吉田を招いていた。

1. Introduction(コラージュ)
 「Help!」のスタジオ・リハーサル等のサウンドコラージュ。

2. Hammer's Country(即興)
 どれもベタな有名曲ばかりなので、イントロに何か少し演奏してから、ということで急遽挿入された。まず高坂が簡単なソロを披露してからカントリー調の小曲となる。高坂のソロの部分だけ音が違うのは、ギターをクリアにするイコライジングを大幅にかけているため(エフェクトも少し)。かえって不自然になってしまった。

3. Love Me Do(オリジナル:Beatles)
 唐突に始まるのはBeatlesのデビュー曲。ハマーがブルースハープ、高坂がベースのようなフレーズを弾いている。メインボーカルはホイポー。曲後、ハマーの携帯電話が鳴ってしまい笑いを誘う。

4. Help!(オリジナル:Beatles)
 ボーカルはBeatlesの曲では珍しくハマー。演奏はリズムがやや荒れ気味。

5. Slipping Away(オリジナル:Rolling Stones)
 Stonesの曲に代わり、メインボーカルもハマー。ホイポーとハマーがリズム・ギター、高坂がリード・ギターを弾いている。リハでは良い感じだったが、モニターのバランスが悪いせいで高坂はよく聴こえないまま演奏している。

6. Time Is On My Side(オリジナル:Rolling Stones)
 高坂のリードギターが炸裂する。3声のハーモニーもまあまあの出来。メインはハマー。

7. Eight Day's A Week(オリジナル:Beatles)
 高坂がベースのようなフレーズを弾き、ホイポーのメインボーカルにハーモニーもつけている。

8. Mother's Little Helper(オリジナル:Rolling Stones)
 イキナリ始まるこの曲はハマーがメイン。少し練習不足を露呈してしまうが、高坂は好きだった。

9. We Can Work It Out(オリジナル:Beatles)
 ハマーはタンバリンを叩き、高坂とホイポーの2本のギターのみ。ハーモニーをつけている高坂が間違えて違うパートを歌ってしまい、メインのホイポーが困惑してしまう。当の高坂は間違いに気づかず、自信満々に歌う。

10. Hotel California(オリジナル:Eagles)
 一番の大作は、ハマーがメイン、ハーモニーも多いし、高坂のリードギターは忙しいし、なかなかの難曲。イントロのハマーのギターは12弦ギターならではの雰囲気を出している。エンディングの印象的なギターソロはホイポーが中心となって、比較的オリジナル通りに弾いている。

11. Stand By Me(オリジナル:Be E. King)
 ライブの最後の曲。ハマーがメイン。途中からハマーのパートナーKIEがドラムで参加する。ぶっつけ本番。ハーフスピードになるのも即興。

12. Ticket To Ride(オリジナル:Beatles)
 ここからは数日前のスタジオ・リハーサルから。場所はStudeio Gique。印象的なメインリフを弾くハマーがいまいち理解しておらず、あえなくボツに。

13. We Can Work It Out
 本番のライブでは高坂がミスったが、汚名返上とばかりスタジオ・リハーサルも収録された。キーボードはその日のうちにスタジオでのノリのままに高坂がオーバーダビング。

14. In My Life(オリジナル:Beatles)
 ホイポーが自分のボーカルを気に入らずボツに。高坂もハーモニーが出来ず、ソロに気をとられていて完成度が低かった。

15. Stand By Me
 当然ながら、ドラムが入らないバージョン。

16. Let It Be(オリジナル:Beatles)
 ピアノ曲だが、アコースティックギターとキーボードでやってみた。


INDEX